自宅でできるリハビリ(ストレッチ)

編集協力:安保雅博先生(東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 主任教授 )

手足の動きを改善するためには、リハビリテーションを続けることが大切です。手足のつっぱり(痙縮 けいしゅく)の治療を行っている患者さん向けの、自宅でできるリハビリテーション(ストレッチ)をご紹介します。

肩・肘のストレッチ

< 肩の脱臼・亜脱臼について注意を受けている方 >
実施しても問題ないかどうか、まず医師、または療法士の先生にご相談ください。

座った状態で行うストレッチ

寝た状態で行うストレッチ

肩と肘の前後運動

座った状態で行うストレッチ

両手を組んで肘をまっすぐ伸ばします。

腕をゆっくりと床まで下ろします。

左右対称に動くことを意識しながら、体を起こしましょう。左右対称に動くことを意識しながら、体を起こしましょう。

そのまま腕を天井に向けて、ゆっくりと持ち上げます。

※うまく両手を組めない場合

まひ側の手のひらに反対側の親指を入れ、残り4本の指で下からつつみこむようにします。まひ側の手首を握ると、肩を痛めることがあるので注意してください。

両手を組んで肘を曲げます。

肘の位置を動かさないようにしましょう。肘の位置を動かさないようにしましょう。

勢いをつけずにゆっくりと肘を伸ばします。

寝た状態で行うストレッチ

仰向けで、両手を組みます。

※うまく手を組めない場合は、まひのない手で、まひ側の手を包み込むようにします。

両手を頭の上の中央に上げるようにしましょう。両手を頭の上の中央に上げるようにしましょう。

肘を伸ばし、勢いをつけず、両手をゆっくりと頭の上まで上げます。

仰向けで、胸の上に両手を組みます。

※うまく手を組めない場合は、まひのない手で、まひ側の手を包み込むようにします。

背中が反らないように注意しましょう。背中が反らないように注意しましょう。

天井に向けてゆっくりと肘を伸ばします。

ページトップへ