自宅でできるリハビリ(ストレッチ)

編集協力:安保雅博先生(東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 主任教授 )

手足の動きを改善するためには、リハビリテーションを続けることが大切です。手足のつっぱり(痙縮 けいしゅく)の治療を行っている患者さん向けの、自宅でできるリハビリテーション(ストレッチ)をご紹介します。

ふくらはぎと足指のストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎと足指のストレッチ

背筋をまっすぐに伸ばし、膝を曲げないように注意しましょう。背筋をまっすぐに伸ばし、膝を曲げないように注意しましょう。

流し台や高めのテーブルにつかまって立ち、まひがあるほうの足を後ろへ引きます。
後ろへ引いた足のかかとに体重をのせ、ゆっくりとふくらはぎの筋肉を伸ばします。

かかとを浮かさないようにしましょう。かかとを浮かさないようにしましょう。

背筋をまっすぐ伸ばして座り、膝を曲げたまま、足の裏全体にゆっくりと体重をかけます。

タオルやひもなどを使い、アキレス腱を伸ばすように引っ張ります。

介助者はかかとをつつみこむように握り、腕を伸ばして足の裏に当てます。もう一方の手は足首を押さえます。
伸ばした腕に体重をかけて、患者さんのつま先を体のほうへ倒し、ふくらはぎの筋肉を伸ばします。

介助者は片手で足首を支え、もう一方の手でつま先を押して、指を伸ばします。

ページトップへ