脳卒中の後遺症「痙縮(けいしゅく)」とは

編集協力:慶應義塾大学 名誉教授 木村彰男 先生

脳卒中の後遺症でよくみられる障害の一つに「痙縮 けいしゅく」という症状があります。
痙縮(けいしゅく)とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動かしにくかったり勝手に動いてしまう状態のことです。
手指が握ったままとなり開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。
脳卒中の発症後、時間の経過とともにまひ(片まひ)と一緒にあらわれることが多い症状です。

このような困りごとはありませんか?

  • まひしている手足を無理に動かすと痛みが生じる
  • 着替えや入浴に苦労する
  • ものをつかもうにも腕が伸びない
  • ドアや家具、他人に肘がぶつかってしまう
  • ものがにぎれない
  • 手を洗えない
  • 伸びた爪が手のひらにくい込んで痛む
  • 足が引っ掛かって歩きにくい
  • 足指の先端が靴底に当たって痛い

Mayer NH, et al. Muscle Nerve. 1997; 20 (Suppl 6) : S21-S35
菊地尚久. PTジャーナル. 2015; 49: 455-461

このような手足のつっぱりによる日常生活の支障は、痙縮(けいしゅく)の症状かもしれません。

痙縮(けいしゅく)は、日常生活に支障が生じるだけでなく、リハビリテーションの妨げにもなってしまう場合があります。また、痙縮(けいしゅく)の症状を長い間放っておくと、筋肉が固まってさらに関節の運動が制限される「拘縮(こうしゅく)」という症状につながることもあります。

ページトップへ