自宅でできるリハビリ(ストレッチ)

編集協力:安保雅博先生(東京慈恵会医科大学 リハビリテーション医学講座 主任教授 )

手足の動きを改善するためには、リハビリテーションを続けることが大切です。手足のつっぱり(痙縮 けいしゅく)の治療を行っている患者さん向けの、自宅でできるリハビリテーション(ストレッチ)をご紹介します。

体幹(胴体)のストレッチ

肩が浮かないように注意しましょう。肩が浮かないように注意しましょう。

座った姿勢から体を前に倒し、背中の筋肉を伸ばします。

反対側の足があがらないように注意しましょう。反対側の足があがらないように注意しましょう。

反対側の腕で肘をもちながら、体をねじります。顔は体とは反対側を向きます。

反対側の膝・肩が上がらないように注意しましょう。反対側の膝・肩が上がらないように注意しましょう。

手をあげ、体を側方(左右の方向)に倒します。体の横の筋肉を伸ばすようにします。

ページトップへ