治療法

編集協力:慶應義塾大学 名誉教授 木村彰男 先生

現在、手足のつっぱり(痙縮 けいしゅく)に対して、内服薬や注射薬などのさまざまな治療法があります。
症状や治療目的を考慮して、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて行います。

内服薬(飲み薬)

緊張している筋肉をゆるめる働きのあるお薬を服用します。
内服薬(飲み薬)には、神経に作用して、神経伝達の興奮をおさえ筋肉の緊張をやわらげるものや、筋肉に作用して、筋肉の緊張をやわらげる働きのあるものがあります。
内服薬(飲み薬)は、痙縮 (けいしゅく)に対する初期治療としてよく使われています。

勝手に服用をやめない。勝手に服用をやめない。

医師の指示より多くを服用しない。医師の指示より多くを服用しない。

お薬は医師の指示どおり服用しましょう。

服用後、気になる症状があらわれた場合には、医師に相談しましょう。

市販薬をはじめ、他の病気でお薬を飲む場合には、医師に相談しましょう。

注射薬(ボツリヌス療法)

筋肉を緊張させている神経の働きをおさえる、ボツリヌストキシンというお薬を注射します。

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のタンパク質(ボツリヌストキシン)を有効成分とするお薬を筋肉内に注射する治療法です。

筋肉の[収縮]と[弛緩]筋肉の[収縮]と[弛緩]

ITB療法(バクロフェン髄注療法)

痙縮 (けいしゅく)をやわらげるお薬(バクロフェン)の入ったポンプをおなかに埋め込み、カテーテルを通じて脊髄周辺(髄腔)にお薬を直接投与します。
バクロフェン髄注療法は、カテーテルとポンプをおなかに埋め込むための手術が必要になります。
おなかにプログラマをあてて埋め込んだポンプを操作し、患者さんの個々の状態に合わせてお薬の投与量などを調整します。

そのほか

筋肉を緊張させている神経を部分的に切断したり、神経の太さを縮小したりする外科的療法(手術)などもあります。

ページトップへ